Blog日々のことなど

檜の間伐材とひのき綿

2010.02.10.

パーテーション1.jpg
昨年の4月から、大学の共同研究に参加させて頂いていました。
研究題材は”檜”です。
以前に兵庫県西脇市の播州織工房館の椅子をデザイン、制作させて頂きましたが、
(http://two-trees.blog.so-net.ne.jp/2009-04-27)
それとは別のプロジェクトで、播州織に檜の削り粉を練り込んだ
「ひのき綿」が、ファッションデザイン学科の教授のもと、開発されました。
そのひのき綿と、檜の間伐材そのものを利用した木工品を
考案、制作するというのが私達の担当になりました。
私が考案したのが、写真のパーテーションです。
間伐材を格子状に組んでいます。
そしてガーゼ状のひのき綿を張っています。
和のイメージですが、横桟を強調しているのと、
生成りのひのき綿を張っているので、
洋室でも使用出来るのではないでしょうか。
お部屋が檜のいい匂いで包まれると思います。
パーテーション2.jpg
他の制作と重なってしまったので、制作は主人に任せてしまい、
あれこれ口頭で注文をつけまくってしまったのですが・・・
これが案外、手間がかかったようです。
制作時間が少なかったこともあって、またまた主人には迷惑をかけてしまいました。
いつも申し訳ないけど、助かります。
このパーテーションは、他の先生や大学院生が制作したテーブルや照明、
ひのき綿の鞄やクッションカバーなどと一緒に
先日開かれていた 東京ギフトショー 2010 に出品されていました。
また、他の展示会などでも出品される予定だそうです。